読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごくつぶしぶろぐ!

Gokutsubushi's Blog

【映画】『BORUTO ボルト』ここ最近で一番のアニメ・映画。

今更ナルトの映画を見たけど、とっても良かった。本当に良かった。最近アニメを見てもなかなか面白いと思えなくなっていたので、久々にこんなに素晴らしい作品を見て、感動することができてすごく嬉しい。

僕みたいな22歳のいい年した男が見ても充分に純粋に面白いと思える作品だったし、それだけでなく子どもに見せたいと心から思う作品でもあった。

BORUTOが素晴らしい映画だった理由①。エンタメとして出来が良い。キャラクター、ストーリー展開、作画、演出、どれも一級品。冒頭のサスケの殺陣シーンからもう興奮した。

理由②。世代交代というテーマ。少年ジャンプで長年連載されてきた王道漫画のスピンオフだからこそ語れる「世代」の問題を真っ向から描いている点に大きな意義がある。本作のナルトは火影の任務に日々忙殺され、息子のボルトにクソオヤジ呼ばわりされている。なりふり構わず火影になると息巻いていた少年のころとは勝手が違う。父親として、組織の長として、社会的役割を全うし、職務に責任を持たねばならない。
強大な敵との戦いではなく、当たり前かつ圧倒的に毎日押し寄せてくる日常の運営がナルトを疲弊させる。これが少年から大人になるということだ。
少年時代が終わり、気合いで駆け抜けていた昔のようには行かなくなる。しかし息子のボルトにはそれがわからず、妹の誕生日にも家に帰らない父に反発し、嫌悪する。次の世代には前の世代にも今の自分のように少年時代があったこと、それを乗り越えて今教育者の立場にあることが理解できない。これはそのまま昔ジャンプを読んでいた父親世代と、父親を理解せず今ジャンプの物語に熱中している息子世代との関係になる。
世代間の意識の差、無理解、家族の不和。これが映画を通じて描かれ、最終的にちゃんと作者の答え的なものが提示される。本当にいい映画だった。今の日本の時代に根ざした物語だ。社会を反映した物語だ。大人も子どもも「これは自分の物語だ」と思うだろう。