読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごくつぶしぶろぐ!

Gokutsubushi's Blog

あと一ヶ月

あと一ヶ月で帰国する。

北京でやりたいことは無限にある。できるなら本当はもっと北京に滞在して遊びたいし、勉強を続けたい。
でももう帰らなければならない。今年でもう22歳になってしまった。来年は23歳になる。23歳でまだ学生を続けるというのは僕の人生のオプションにはない。20代半ばでまだ働いていないというのは、僕の負い目になり、生活していくうえで心に影を落とすことになる予感がする。だから今年東京に帰り、来年就活して再来年から働く。これ以上勉強するなら働いて自分の金で学校へ行く。

ただ本当はやはり帰りたくない。北京でこのまま暮らせたらどんなにいいだろう。
ここにはLINEもTwitterフェイスブックもない。日本のスマホは外では使えない。
友人も多くない。毎日人と会いたいときは会い、会いたくないときは一人でメシを食って本を読む。人間関係が煩雑でない。
中国の社会にあって日本になかなかないと思われるのが「優しい無関心」だ。みんな他人のことをあまり気に止めないから、人から奇怪に思われないようにと空気を読む必要がない。楽でしかたない。

年末には日本に帰り、また空気を読む作業に戻る。LINEの未読既読に気を張り、フェイスブックのいいねの数を比較することになる。それが怖くてしょうがない。日本でも今みたいな孤独で充実した生活が送れるだろうか。大学に戻り、就活して企業に勤めることを思うと恐ろしくてぞっとする。うまくやっていけるだろうか。

本当はフリーランスでやっていきたい。そのために中国語を選んだ。だけど翻訳で身を立てるためにはまず一般企業に入ってキャリアを積むべきだ。
北京で知り合ったシェフの日本人は10年間中華料理店の職場を転々としている。そして本場の中華料理を学びたいと思い立ち、28にして北京へ留学に来た。僕もこんなふうになりたい。自分の意志で移動し、好きなことをし、また好きな場所へ行って働く。そのためにはもっと中国語その他のスキルを磨き、たとえ今の職場を辞めても来週から別の場所で働ける、そんな人材になることだ。

あと一ヶ月