読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごくつぶしぶろぐ!

Gokutsubushi's Blog

蘇州初日

以下、今日の日記から引用。


15:30

蘇州駅北出口のケンタッキーでメシ。これからバスで宿へ向かう。


蘇州駅南広場
f:id:tatanekoyo:20150820023301j:plain
川と城壁が市内を守っている
城門手前の像は宋代の蘇州太守、範仲淹


揚州では、あまりにも宿のテレビのアニメのラインナップが素晴らしいので、宿代と列車代を払って1日滞在を伸ばしたわけだが、ラスト2日あたりはなかなか悲惨だった。夜から朝にかけてアニメを見ていたが、朝方はだるく夕方まで寝てしまい、肝心の観光があまりできなかった。揚州双博館は最終日に行きたかったが、起きた時には閉館一時間前で、断念した。
買い直した列車代もちゃんと発射前に駅へ行けば払い戻してもらえたのに、起きれずに74.5元をドブに捨てた。たかが1500円だが、列車代を無駄にし、わざわざ来ておいて観光もろくにできず、いったいなんのために来たんだ?鑑真の大明寺は良かったからまあいいが、もう少し揚州滞在に価値を生むことができたはずだ。

一人の部屋でアニメを見る時間は最高だった。満たされた。だが、今思えばそれも初日までだった気がする。2日目からは一人の時間が長すぎ、またずっと部屋で臥していることで、しだいに気分が滅入ってきた。日本語のアニメばかり見ているから、だんだん外で中国人と会話することもままならなくなってきた。中国語がわからないし、なにより部屋でゴロゴロしすぎて頭がぼーっとする。

3日目あたりからは、なんのために生きているんだろう、と思うようになってきた。宮崎駿新海誠を見るのはおもしろいし、人生の糧になる。得るものがあった。旅先で一人で大画面でアニメを見れたことはよかったし、そのことは後悔していない。でも、やっぱり日中はちゃんと揚州を歩いて、観光して、人と会話して、それから夜に歩き疲れた状態で部屋に帰って、アニメを見て夜のうちに眠る、こうするべきだったんだと思う。2日目からは、なんだか疲れてしまった…。いくらいい環境だからって、ずーっと見続けているのは間違いだった。

日本に帰ったら、ちゃんと生活しながら、バランスよく本が読めるようにならなきゃならない。本に関しては一日中読み続けるのがいいと思うんだけど、やっぱりここでもバランスを取ることが求められると思う。日中は外に出て人と会うほうが、長い目で見れば、家でひとり本を読んだりアニメを見たりする経験をより濃くしてくれる気がする。

いくら楽しくても、ずっと一人で部屋にいちゃ駄目だ…
だんだん気分が落ちていく。


追記

蘇州の宿を経営する娘さんとご両親の三人家族と仲良くなり、夕飯はご相伴にあずかった。なんとか中国語で歓談。その後ひとりで古い街並みを散策する。
なかなかいい蘇州観光のスタートを切ることができて、すこし救われた。明日からは街を歩き通して、揚州の失点を取り返そう。

宋代から800年ほどの歴史をもつ平江路
f:id:tatanekoyo:20150820023453j:plain